2021/07/28

GOFISH『光の速さで佇んで』Album release tour


7月4日に東京・渋谷のWWWで開催した単独公演でも鮮烈な印象を残したGOFISHとその新編成バンドのメンバーたちが、ふたたび京都〜神戸〜名古屋をツアーすることとなりました。新作アルバム『光の速さで佇んで』収録曲はもちろん、新しくバンド・アレンジを施した既発曲、さらには新曲(!)まで、さまざまにGOFISHの「いま」に光があてられます。メンバーの編成も最大7人から9人まで、ぜひその日その夜のGOFISHをお楽しみください。京都は圧巻の単独ロングセット、神戸と名古屋はゆかりの深い共演者(神戸:山本精一|名古屋:石原ヨシトとフレンズ)との公演となります。コロナ禍の不安定な状況下ですので、入場者数を制限し、可能な限り万全の対策を施してそれぞれの会場でお待ちしています。貴重な機会となりますので、どうぞお見逃しなく。

こちらでご案内しましたが、本公演は全国的なコロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて3公演すべて中止とさせていただきました。楽しみにされていた方には申し訳ございませんが、またの機会にご期待ください。


写真:三田村亮



8月27日(金)京都 アバンギルド(075-212-1125)
京都府京都市中京区材木町181-2 ニュー京都ビル3F

出演:GOFISH

GOFISH:テライショウタ(vo, g)/ 藤巻鉄郎(dr)/ 墓場戯太郎(b)/ 中山努(key)/ 潮田雄一(electric guitar)/ 元山ツトム(pedal steel)/ 沢田穣治(contrabass)/ 井手健介(cho)/ 浮(cho)

開場 6:00pm 5:30pm/開演 7:00pm 6:00pm
*京都府まん延防止等重点措置による営業時間短縮要請を受けて開場開演時間が変更になりました。19時半ラストオーダー(酒類の提供はございません)、20時閉店となりますので悪しからずご容赦ください。
料金 3,200円(予約)/3,500円(当日)*ドリンク代別
予約・問い合わせ:会場(http://urbanguild.net/reservation/


8月28日(土)神戸 海辺のポルカ
兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-5 神戸煉瓦倉庫 南棟C

出演:GOFISH、山本精一

GOFISH:テライショウタ(vo, g)/ 藤巻鉄郎(dr)/ 墓場戯太郎(b)/ 中山努(key)/ 潮田雄一(electric guitar)/ 元山ツトム(pedal steel)/ 井手健介(cho) 

山本精一:山本精一(vo, g)/ 須原敬三(bass)/ 西滝太(key)

開場 5:00pm/開演 6:00pm
料金 3,800円(予約)/4,300円(当日)*ドリンク代別、入場者数に制限あり
予約・問い合わせ:会場(umibenopolka@gmail.com/090-6208-1106)
*件名に[GOFISH 神戸公演]と明記の上、お名前(フルネーム)、電話番号、チケット枚数をご記入いただき、上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。
主催:Cow and Mouse


ブラジル in 金山
8月29日(日)名古屋 ブラジルコーヒー
愛知県名古屋市中区金山4-6−22 金山コスモビル1階

出演:GOFISH、石原ヨシトとフレンズ

GOFISH:テライショウタ(vo, g)/ 藤巻鉄郎(dr)/ 墓場戯太郎(b)/ 中山努(key)/ 潮田雄一(electric guitar)/ 元山ツトム(pedal steel)/ 井手健介(cho)/ 浮(cho) 

石原ヨシトとフレンズ:石原ヨシト(vo, g)/ 今成哲夫(p)/ 亀山佳津雄(ds)/ 河合慎吾(b)/古池寿浩(tb)

開場 6:30pm/開演 7:00pm
料金 3,000円 *ドリンク代別
予約:会場(http://kanayamabrazil.boo.jp/schedule/202108.html
定員に達したため、予約受付を終了しました。どうもありがとうございます。

写真:村井香

GOFISH(ゴーフィッシュ):名古屋を拠点に活動するテライショウタのソロ・プロジェクト。GOFISH名義で6枚のアルバムを発表し、サード・アルバム『とてもいいこと』(2012)から前作『燐光』(2018)まで、稲田誠(Cbs)、黒田誠二郎(Cello)とのアンサンブルでの作品を発表。最新作『光の速さで佇んで』では、藤巻鉄郎(Dr|池間由布子と無労村、TCSほか)、墓場戯太郎(B|井手健介と母船ほか)、中山努(Pf|COILほか)を迎えた新たなバンド編成での楽曲をお披露目している。テライはまた日本屈指のハードコア・バンド、NICE VIEWのボーカル&ギターとしても知られ、2019年からはギタリストとして参加するSIBAFÜも活動開始。また、「ネス湖」というミステリアスなグループの一員でもある。