2021/06/04

GOFISH 『光の速さで佇んで』Album Release One-man Show

 5月に通算6枚目のアルバム『光の速さで佇んで』をデジタル/CDでリリースしたGOFISHのスペシャル・バンド編成によるリリース・ライブが、東京・渋谷のWWWの主催にて開催されることが決定しました。アルバムの核となる3人、藤巻鉄郎(Dr)、墓場戯太郎(B)、中山努(Pf)だけでなく、潮田雄一(EG)、元山ツトム(Pedal Steel)も迎え、さらにコーラスで井手健介と浮も参加する貴重な特別編成での一夜となります。

 いまだコロナ禍の不安定な状況下での開催ですが、その中でも静かに灯りを囲むような特別な時間を目指しますので、ぜひ期待ください。

GOFISH 『光の速さで佇んで』Album Release One-man Show

日本屈指のハードコア・バンド、NICE VIEWのボーカル&ギターとしても知られるテライ・ショウタのソロ・プロジェクトGOFISH。その音楽は美しく静けさをたたえ、呼吸しているようにあたたかい。

新作『光の速さで佇んで』ではこれまでのトリオ編成から装いを新たに、ドラムに藤巻鉄郎(池間由布子と無労村ほか)、ベースに墓場戯太郎(井手健介と母船ほか)、ピアノに中山努(COILほか)を迎えたバンド編成へ。そこへ更にゲスト・ミュージシャンが加わり、厚みのあるアンサンブルはGOFISHの音世界に新たな奥行きと深みを生み出し、リリース後各地でさざ波のように感動が広がっている。

7月4日のリリース・ワンマン・ショーでは、録音に参加した豪華ミュージシャンが集い、GOFISHの進化を体現する楽曲の数々をバンド編成でたっぷりと観客に初披露する貴重なワンマンとなる。

7月の陽射し、日曜の午後。音楽に身を預け、光の速さで佇んで。

2021年7月4日(日)東京・渋谷 WWW
出演:GOFISH[テライショウタ(vo, acoustic guitar)、藤巻鉄郎(dr)、墓場戯太郎(b)、 中山努(key)、潮田雄一(electric guitar)、元山ツトム(pedal steel)、井手健介(chorus)、浮(chorus)]
開場 4:30pm/開演 5:00pm
料金:3,800円(前売り)/4,000円(当日)*ドリンク代別/全席自由
問い合わせ先:WWW(03-5458-7685)
チケット:e+(https://eplus.jp/gofish-www

公演詳細:https://www-shibuya.jp/schedule/013584.php

主催:WWW/協力:Sweet Dreams Press

*本公演は「ライブハウス・ライブホールにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいた対策を講じ、お客様、出演者、スタッフの安全に最大限配慮した上で、従前の50%以下のキャパシティに実施いたします。チケットのご購入、ご来場の際は必ず「新型コロナウィルス感染拡大予防に関する注意事項」にてご注意事項の確認をお願いいたします。

*ご来場の際は「来場者名簿登録」の登録が必須となりますので、こちらの登録URLより事前のご登録にご協力お願い致します(電子チケットでご購入の場合、登録は不要ですので、紙チケットでご購入のお客様のみご登録をお願いいたします。)


GOFISH(ゴーフィッシュ):名古屋を拠点に活動するテライショウタのソロ・プロジェクト。GOFISH名義で6枚のアルバムを発表し、サード・アルバム『とてもいいこと』(2012)から前作『燐光』(2018)まで、稲田誠(Cbs)、黒田誠二郎(Cello)とのアンサンブルでの作品を発表。最新作『光の速さで佇んで』では、藤巻鉄郎(Dr|池間由布子と無労村、TCSほか)、墓場戯太郎(B|井手健介と母船ほか)、中山努(Pf|COILほか)を迎えた新たなバンド編成での楽曲をお披露目している。テライはまた日本屈指のハードコア・バンド、NICE VIEWのボーカル&ギターとしても知られ、2019年からはギタリストとして参加するSIBAFÜも活動開始。また、「ネス湖」というミステリアスなグループの一員でもある。