2016/12/12

Laura Gibson Japan Tour 2017


「おまえはおまえの生を変えなければならぬ」。リルケの言葉を胸にポートランドからニューヨークへ移り住んだローラ・ギブソン。すべてを手放し、そしてまた見つけ出す。その喪失と再発見の過程でストーリーテラー〜シンガー・ソングライターとして大きく成長した深い冬の歌声をお届けします。

 共作アルバム『Bridge Carols』リリースを受けたイーサン・ローズとの来日ツアーから早8年、久しぶりにローラ・ギブソンが日本にやってくることになりました。そういえば前回来日時には到着前に飛行機が大きく揺れたようで、到着ゲートからイーサン・ローズとふたり、目を大きく回しながらふらふらになって出てきたことを覚えています。ふたりの様子が目も当てられなくて、しかし、彼らもなんとか到着できた安堵からか、3人で会うなり自然に笑い声が洩れたのでした。そういう親しみやすさは彼女の歌と音楽を支える大切なもののひとつですが、一方で当時アメリカン・ゴシックと言われたような影を彼女の歌声もまた引きずっていきます。ノスタルジアと歴史の闇を揺れ動きながら、しかし、最新作『エンパイア・ビルダー』でコンテンポラリーなシンガー・ソングライターとしての確固とした力量を開花させたローラ・ギブソンの「今」をぜひ体験ください。季節も冬、彼女の可憐な代表曲「Hands in Pocket」であたたまるには絶妙のタイミングでのツアーがはじまります。

LAURA GIBSON JAPAN TOUR 2017
ローラ・ギブソン ジャパン・ツアー2017

1月26日(木)東京 7th FLOOR(03-3462-4466)
東京都渋谷区円山町2-3 O-Westビル7階
出演:ローラ・ギブソン、フジワラサトシ
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,500円(予約)/4,000円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場(店頭販売/電話予約)、e+

1月27日(金)名古屋 KDハポン(052-251-1324)
愛知県名古屋市中区千代田5-12-7
出演:ローラ・ギブソン、レイチェル・ダッド+田辺舞(ダンス)
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,500円(予約)/4,000円(当日)/2,500円(学割)
*ドリンク代別、学割:学生証など証明となるものをご持参ください。
予約:会場kdjapon@gmail.com

1月28日(土)金沢 アートグミ(076-225-7780)
石川県金沢市青草町88 北國銀行武蔵ヶ辻支店3階
出演:ローラ・ギブソン、rima katoten toteASUNA
開場 5:00pm/開演 5:30pm
料金 3,500円(予約)/4,000円(当日)/2,500円(学割)
*学割:学生証など証明となるものをご持参ください。
予約:aotoaowindowofacloudyday@gmail.com)、tell me why(tellmewhysy@gmail.com|090-5688-6750)

1月29日(日)京都 アバンギルド(075-212-1125)
京都府京都市中京区木屋町三条下ル ニュー京都ビル3階
出演:ローラ・ギブソン、西森千明
開場 6:30pm/開演 7:00pm
料金 3,500円(予約)/4,000円(当日)*ドリンク代別
予約:会場

1月30日(月)東京 7th FLOOR(03-3462-4466)
東京都渋谷区円山町2-3 O-Westビル7階
出演:ローラ・ギブソン、レイチェル・ダッドICHI
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 4,000円(予約)/4,500円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場(店頭販売/電話予約)、e+

協力:HEADZaotoao(金沢)、tell me why(金沢)
招聘:OURWORKS合同会社


ローラ・ギブソン(Laura Gibson):米オレゴン州にある人口5,000人ほどの小さな町コキーユに生まれたシンガー・ソングライター/チェロ奏者。可憐な佇まいと憂いに満ちた歌声でポートランドのSSWシーンで頭角を現わす。アルバム・デビューはハッシュ・レコーズからの『If You Come to Greet Me』(2006年)。スモール・セイルズのメンバーとしても知られるサウンド・アーティスト、イーサン・ローズとの共作アルバム『Bridge Carols』含め、これまでに計5枚のアルバムを発表した(うち3枚はHEADZにライセンスされ国内盤化)。日本にも2009年に来日し、リキッドルーム(東京)で開催されたフェスティバル「De La FANTASIA」出演を含めた5公演を大好評のうちに成功させている。