2015/07/13

ハウイー・リーヴと川手直人の演奏会


 先日『デモデモデ ーデモデとモデのパラレル・ワールドー』をスウィート・ドリームス・プレスからリリースした川手直人。もうギターを弾かないのでは? もう人前で演奏をしないのでは? などなどの噂が巷の一部を駆け巡るも、夏到来の蓋を開けてみればあさっりスコットランドはグラスゴーからやってきたベース奏者、ハウイー・リーヴとのお盆直前2デイズふたり旅の情報が。しかも今回、よーく見ると川手さん、手にしているのはアコースティックではなくてエレキじゃありませんか。しかも、ひっそりとサウンドクラウドに上がっている新機軸のエレキ・インスト曲、これがまたモーリス・ディーバンクもかくやという麗しの演奏でして……、これは恍惚。いやはや底知れない御仁でございます。

 ツアーの相棒ハウイー・リーヴさんは、ほかにも7月18日(土)に東京・千駄ヶ谷のBar Ishee、8月2日(日)に東京・大久保のひかりのうま、8月6日(木)に東京・高円寺のUFOクラブ、8月7日(金)に大阪FIGYAでの演奏が決まっていますので、ご興味ある方はこちらもぜひ。ちなみに今回、BMXバンディッツのダグラスから私のことを訊いたようで本人よりブッキングをお願いされたものの、なかなかタイミングが合わず動きあぐねていたところだったのでした。なので、こうして各地で公演が決まったようで本当によかったです。

 デモデモデからモノトーンへと移動中の川手直人、ポスト・パンクの青白い静けさとユーモアを重ねるハウイー・リーヴ。どうぞこのグラデーションの中に身を投じてみてください。そしてもちろん会場のどこかにある『デモデモデ ーデモデとモデのパラレル・ワールドー』も手にとってみてね。そちらにもぽっかりと大きな穴が開いています。ぜひ落ちてみましょう。

「ソロ・ベース+うた」と「ソロ・ギター」演奏会

8月8日(土)京都 ユーゲ(075-723-4707)
京都市左京区下鴨松原町4-5 
出演:ハウイー・リーヴ、川手直人
開場 6:00pm/開演 7:00pm
入場料 881円

8月9日(日)金沢 オヨヨ書林 せせらぎ通り店(076-255-0619)
金沢市長町1-6-11
出演:ハウイー・リーヴ、川手直人、I Know I Have No Collar
開場 6:30pm/開演 7:00pm
入場料 1,200円(高校生以下 500円/小学生以下 無料)





ハウイー・リーヴ(Howie Reeve):ソロ・アコースティック・ベーシスト&シンガー。グラスゴー在住。「たっぷりとした独創と茶目っ気…。豊かな表情の旋律と思案によるベース演奏はまた、フラメンコ的装飾、ポスト・パンクのグルーヴ、パーカッシヴさ、カオスの驚くべき暴力的局面によってもたらされている。」(Matt Evans, The List)
https://howiereeve.bandcamp.com/ 


川手直人:作曲とギター演奏。京都在住。休止していたライブに今回、モノトーン(単音)をコンセプトにソロ・エレクトリック・ギターで復帰。近作は娯楽録音作品「デモデモデ デモデとモデのパラレル・ワールド」(2015年5月/Sweet Dreams Press)。
https://soundcloud.com/sound-as-room


アイ・ノウ・アイ・ハヴ・ノー・カラー(I Know I have No Collar):画家として知られるアーロン・セワーズを中心にしたブリストルのナイーヴ・ポップ・グループ。現在アーロンは富山在住で、今回は家族での演奏予定。
https://iknowihavenocollar.bandcamp.com/album/a-little-slow-a-little-late

2015/07/02

【スウィート・ドリームス・プレスからのお詫び】「Gofishトリオと柴田聡子」不良盤の返品・交換について


10インチ・レコード「Gofishトリオと柴田聡子」をご予約・ご購入いただいたお客様へ

 この度は「Gofishトリオと柴田聡子」をご予約・ご購入いただき、誠にありがとうございました。あれよあれよと言う間にディストリビューターの(株)ブリッジの在庫も底を尽き、また、手元の在庫もほぼなくなってしまいました。早速、好評の声があちらこちらから耳に入り、作者・演者はもちろん、レーベル一同ほっと胸をなでおろして喜んでいるところです。本当にありがとうございます。

 しかし、ここで残念なお知らせがございます。実は、この10インチ・レコード「Gofishトリオと柴田聡子」ですが、一部商品にアナログ・レコードのプレスミスがあることが発覚しました。これまでに、B面に収録されている曲がGofishトリオと柴田聡子の「長い歌」ではなく、まったく異なるアーティストのまったく異なる曲が入っているとの報告が数件寄せられています。

 ただいま実際の不良盤を取り寄せているところで事実確認前ではありますが(*7月3日に実際の不良盤を確認いたしました)、下の写真にあるように不良盤はB面に関係のないアメリカ人アーティストの楽曲が3曲収録され、盤の内周に「PIRATES PRESS SD1574-1 B」、その対角上に「130525N2/A」と打刻されているものとなります。お買い上げいただいたお客様におかれましてはお手元のレコードが該当の不良盤ではないか、あらためてご確認いただけますでしょうか。もし、そのような不良が見つかった場合、下記連絡先までご購入いただいた店名を添えてすぐにお知らせください。こちらで返品・交換の手続きをとらせていただきます。

上の画像のように不良盤のB面(レーベルに曲名表記のない面です)には3曲、くっきりと収録されています。

さらに不良盤は内周に刻印されている2か所の記号が上の画像のようなものとなっています。

 なお、ただいま今回の作品のジャケット印刷/プレスを担当したプレス代行会社、米パイレーツプレス社に追加プレスを依頼しておりますが、原因・事実関係の見極めや作業ラインの確保などで少し時間がかかりそうです。当面はレーベルに保管している在庫にて対応させていただきますが、その数も少なく限りがあり、不良盤の枚数によっては追加プレスの完了までしばらく交換をお待ちいただく場合があるかもしれません。誠に申し訳ございませんが、あらかじめご了承いただければ幸いです。

 重ねて、この度は多大なご不便・ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。何とぞご容赦いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成27年7月2日

スウィート・ドリームス・プレス(担当:福田)
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-26-8 メゾンイシダ桜新町302
電話 03-6676-1206 FAX 03-6676-1206 メール info.sweetdreams@gmail.com

Fountainsun - Music Today


アーティスト:Fountainsun(ファウンテンサン)
タイトル:Music Today(ミュージック・トゥデイ)
カタログ番号:SDCD-023
発売日:2015年7月15日
収録曲数:11曲
パッケージ:トールボックス・サイズの紙ジャケット(ダブル)に同サイズのブックレット(フルカラー/32ページ/録音日記・歌詞掲載)を貼付した国内盤独自パッケージ
アートワーク:ダニエル・ヒグス、石井文得
オリジナル・レーベル:米ノーム・ライフ・レコーズ
定価:¥2,400+税

ご注文はこちらから

ディスコード・レコーズからの諸作で知られるポスト・ハードコアの怪魚ラングフィッシュ
そのフロントマン、ダニエル・ヒグスのたおやかな新プロジェクトのデビュー作。

まるで枕元で読み聞かせる昔ばなしのように身近に始まるミュージック・トゥデイ~今日の音楽。ラングフィッシュのフロントマン、ダニエル・ヒグスと石井文得が乗り出した新しい音楽プロジェクト、ファウンテンサンのデビュー・アルバムは、ふたりのリレーションシップの賜物か、そのアンサンブルは親密にして緻密、バンジョーやガット・ギター、エキゾチックな打楽器の数々、マントラの読呪とわらべ歌で織りなすユニバーサル・フォーク・ミュージック。シャーマン、ダニエル・ヒグスを案内役に、まずリスナーが喜ぶべきは石井文得という得がたい歌声の発見だろうか。その無垢、無作為は、ここにある音楽の喜びをいちばんに伝えるものだと言えるだろう。それでいて「Ripening Sheaves」後半でリスナーを不意に巻き込んでいく嵐のようなサウンド・スケープなど、大きな物語、広大な景色、無限の宇宙の中にプライベートな陰陽と器楽を対比して浮かべ得たことはひとつの奇跡かもしれない。小さくて大きな、大きくて小さなアンサンブルが次元を拍動させていく。ミュージック・トゥデイ~今日の音楽、僕らは今ここに古代から受け継ぐ錬金術を体験するだろう。


ファウンテンサン:http://fountainsun.com/

ダニエル・ヒグス(Daniel Higgs):米メリーランド州ボルチモアのハードコア・バンド、レプタイル・ハウスを皮切りに、その後1987 年にポスト・ハードコアの怪魚、ラングフィッシュを生み落としたシンガー/詩人。ラングフィッシュはシンプル・マシーンズよりデビュー後、ワシントンDC のディスコード・レコーズより11 枚のアルバムを発表、また、ソロ活動と並行してコーン・オブ・ライト、他にもザ・ピューピルズスカル・デフェクツといったバンドにも参加している。かつてはタトゥー・アーティストとしても、その名を知られる。

Daniel Higgs:http://www.thrilljockey.com/thrill/Daniel-Higgs/#.VXabH1ztmko

石井文得(いしい・ふみえ): 東京生まれNY経由の写真家、マルチ演奏家、パートタイム・ファーマー、報道チャンネルにおける民主主義の大きな砦のひとつである「Democracy Now!」日本語版、月曜日の翻訳も担当している。ほかにもドローイングやジンの制作なども手がけ、自身のブログ、オムニプレゼント・ジャーナルも主宰。現在はヒグスと共に全米各地をツアーしながら音楽アート活動を展開している。

Fumie Ishii:http://fumieishii.com/

曲目
1. Ripening Sheaves
2. Fragment 1
3. Old Pine Tree
4. Fragment
5. Fountain Theme
6-8. Garden Gate 1, 2 & 3
9. Only One
10. Witness the Wonder
11. We Will Meet Again



2015/07/01

Gofishトリオと柴田聡子:取扱店リスト


 発売前から大好評、早々にスウィート・ドリームス・プレス・ストアでもご用意できる枚数に達して予約受付を終了してしまい、ほんとに申し訳ございませんの10インチ・レコード「Gofishトリオと柴田聡子」ですが、本日7月1日に記念すべき発売日を迎え「どこで買えるのでしょう?」という声もチラホラ、というわけで下記に取扱店リストを掲載します。どうぞお近くのお店、お好きなお店でご購入いただければ嬉しいです。

 なお、中にはすでに予約だけで完売となっているようなお店もあるようですので、ぜひ事前に在庫の確認をお勧めいたします。そしてもちろん今週末に開催されるGofishトリオと柴田聡子のライブ会場(7月4日:埼玉・久喜市カフェ・クウワ、7月5日:東京・神保町試聴室)でお買い上げになるのも確実な方法です(と言いつつ、7月5日はソールドアウトになっちゃいましたのでぜひカフェ・クウワで! 詳細はこちらを)。

HMV(record shop 渋谷店イオンモール高岡店イトーヨーカドー宇都宮店オンライン札幌ステラプレイス店大宮アルシェ立川店)、タワーレコード(札幌ピヴォ店オンライン横浜ビブレ店吉祥寺店京都店秋葉原店渋谷店川崎店池袋店町田店梅田大阪マルビル店名古屋パルコ店名古屋近鉄パッセ店新潟店新宿店梅田NU茶屋町店)、Sound Channel MUSIC STORE(盛岡)、カフェ・クウワ(久喜)、ディスクユニオン各店(首都圏)、JET SET(下北沢、京都)、ココナッツディスク各店(吉祥寺、池袋)、PET SOUNDS RECORD(武蔵小山)、円盤(高円寺)、Amleteron(高円寺)、古書コンコ堂(阿佐ヶ谷)、珍屋 立川1号店(立川)、PLANETS(諏訪)、CORNERSHOP(静岡)、sone records(浜松)、林ショップ(富山)、バナナレコード各店(名古屋)、ON READING(名古屋)、STIFF SLACK(名古屋)、FILE UNDER(名古屋)、RECORDSHOP ZOO(名古屋)、喫茶ゆすらご(京都)、ホホホ座(京都)、HOPKEN(大阪)、アオツキ書房(大阪)、borzoi record(鳥取)、グリーンハウス各店(岡山、倉敷)、record shop DIG DIG(岡山)、Lilmag(オンライン)、Record Shop Reconquista(オンライン)、classics records(オンライン)、珍庫唄片/NGOO(オンライン他)