2015/06/30

Surround Circuit 2


 慣れてないもので、あまり人前に出て喋ったりするのは苦手なんですが、今まで幾度もお世話になったsukima industriesのAAAsaaREEさんすなわち浅利くんのお願いとあっては断れませぬ。というわけで大阪・安治川 FLOATにて開催されるサラウンド・サーキットというイベントで浅利くんとお話しさせていただきます。「30歳からのインディペンデント音楽道」というテーマが設けられてまして40台半ばのおじさんがあれこれ問われるようですが、多分レーベルとかツアーのこととか、かな。大してなにも考えてないことがバレそうですが(笑)、さて、どうなることやら。でもでも、朝から夜まで盛りだくさんの内容で、このイベントとっても楽しそうです。ゆっくり過ごす日曜日、お近くの方も遠方の方もぜひいらっしゃってください。

Surround Circuit 2
7月5日(日)大阪・安治川 FLOAT
大阪市西区安治川2丁目1-28 安治川倉庫
時間:10:00am〜10:30pm
入場料:2,000円
出演(ライブ):アサダワタル(DJ話芸)、中林キララ(メタミュラーグヌピコ)、大城真+ヤマモトタカヒロ+米子匡司、PARADISKa、DJふくわらい、みやけをしんいち、武村篤彦、田川雅康、森山ふとし、無職・イン・エクスカーション(Yuko Nexus6 + タカハシ 'タカカーン' セイジ)、にしもとひろこ、ryotaro × 仙石彬人、kaxpab mthtyk+sonsen gocha bacco、s l o n n o n + 今村達紀
出演(トーク):福田教雄(Sweet Dreams Press)+AAAsaaREE
展示:かいはつクラブ
本:FLOAT図書室
出店:シカク、巴大樹(ラッキーチャンス☆クッキング)、メガネヤ(即興小パーティー)、ふっくら(天然酵母パン)、fumi note(洋菓子)、うたかた珈琲(珈琲)

当日のタイムテーブルについてはこちらをご覧ください。またFacebookにも、こちらにイベント・ページがございます。出演者の紹介もされているのでぜひ。

2015/06/02

Gofishトリオと柴田聡子の4デイズ


 下で告知したとおり「Gofishトリオと柴田聡子」の10インチ・レコードのリリースを祝して、7月1日のリリース日の前後にGofishトリオと柴田聡子が4つの公演を開催します。お馴染み神戸の旧グッゲンハイム邸を皮切りに、はじめての浜松・鴨江アートセンターを経由、2年前に両者が初めて顔合わせした埼玉・久喜のカフェ・クウワから柴田聡子の独壇場のひとつでもある東京・神保町の試聴室、と、4色の4公演にぜひお越しください。もちろん両者揃っての共演シーンもあとあと折につけ目に浮かぶことになるでしょう。お待ちしてます!

6月26日(金)  神戸 旧グッゲンハイム邸(078-220-3924)
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
出演:Gofishトリオ、柴田聡子
音響:西川文章 出店:喫茶ゆすらご
開場 7:30pm|開演 8:00pm
料金 2,500円(予約)|2,800円(当日)
予約:会場(guggenheim2007@gmail.com
主催:棚レコード/共催:塩屋音楽会

雨、この頃。
6月27日(土)  浜松 鴨江アートセンター104号室(053-458-5360)
静岡県浜松市中区鴨江町1
出演:Gofishトリオ、柴田聡子、レンゲグレープフルーツフルフラット
出店:喫茶ゆすらご
開場 4:00pm|開演 4:30pm
料金 2,300円(予約)|2,500円(当日)
予約:ysmeet07@gmail.com

いなかまちにおんがくがなりひびく その29
7月4日(土)  埼玉・久喜 カフェクウワ(0480-31-9976)
埼玉県久喜市菖蒲町新堀483
出演:Gofishトリオ、柴田聡子、池間由布子
開場 5:30pm|開演 6:00pm 料金 2,500円(予約)/3,000円(当日)*ドリンク代別
予約:会場(couwa@chorus.ocn.ne.jp|0480-31-9976)

7月5日(日)  東京・神保町 試聴室
東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
出演:Gofishトリオ、柴田聡子
開場6:30pm|開演7:00pm
料金 3,000円(予約)|3,500円(当日) *1ドリンク+スナック付
定員に達しましたので予約受付は終了しました。ありがとうございます!

2015/06/01

Gofishトリオと柴田聡子


アーティスト:Gofishトリオと柴田聡子
タイトル:Gofishトリオと柴田聡子
カタログ番号:SD10-002
発売日:2015年7月1日
収録曲数:3曲
パッケージ:10インチ・アナログ・レコード
アートワーク:音楽家としての活動のみならず、様々なジャケット・アートや挿画、寺尾紗穂との共演ライブ・ドローイングで活躍する松井一平TEASIBREAKfASTわすれろ草)の最新描きおろし! 封入された歌詞カード、特典CDの盤面にも氏のアートワークを使用。
定価:¥2,200+税

初回封入特典:もれなく本編収録の3曲にボーナス・トラックを追加収録したCDが封入されています。し・か・も、2014年の名古屋ブラジルコーヒーで共演した際に演奏した「風の谷のナウシカ」と「君の瞳に恋してる」、珠玉のカバーを2曲収録。ぜひこの機会をお見逃しなく!

ご注文はこちらから。

聡子が投げ、Gofish が受ける。Gofish トリオが逃げ、柴田聡子が追いかける。
ねがいとよろこび、あたらしい3つの歌。Gofish トリオと柴田聡子、唯一無二の共演作!

Gofishトリオとしてのアンサンブルを中心に据えたアルバム『とてもいいこと』から3年弱、「レコード/いと」「ねむりを待つ間/山ごもり」、2枚の7インチ・シングルを間に挟み、さらにテライショウタひとりのアコースティック・ギター弾き語りはもちろん、轟々とした怒涛の静けさを呼び込むトリオ編成でも旺盛なライブ活動を続けてきたGofish。ある日、とある関東3デイズの1公演で彼らは柴田聡子と共演して、その衝撃はテライショウタ自身のブログに「お風呂にざぶんと浸かったとき思わず口にしてしまう「あ~」ってやつ、曲が終わるまでの間ずっと僕の感情がその「あ~~(中略)~~」って言い続けていた」と述懐させることに。その後も頻繁にステージをともにする両者、お互いに「あ~~」と漏れるうちに生まれたのがこの10インチ・レコード「Gofishトリオと柴田聡子」です。Gofish謹製の優美な弦楽をバックに、お互いの曲をふたりデュオで歌いつづる至福の3曲。その歌声の連なりや重なり、極楽のアンサンブルに心ゆくまで浸ってください。桃源郷というものが本当にあるとしたら、このレコードがそれなのかもしれません。


Gofishトリオ(ゴーフィッシュトリオ):NICE VIEWのボーカル&ギターとしても活動を続けるテライショウタのソロ・ユニット=Gofishに、コントラバスの稲田誠(BRAZIL、DODDODOバンドほか)とチェロの黒田誠二郎(ゆすらご、ex細胞文学)を加えたシンガー・ソングライター+弦楽二重奏の3人組。Gofishとしては今までに3枚のアルバムを発表しているが、最近作の『とてもいいこと』(2012年)以降はこの3人によるアンサンブルを中心として歌に永遠を浮かべている。

Gofish:https://twitter.com/gofish_info

柴田聡子(しばた・さとこ): 2010年より都内を中心に活動を始めた北海道札幌市生まれのシンガー・ソングライター。うつろう思考や疑問、些細なようで実は些細じゃないことを類稀な言語感覚で歌にして世界に挑む超新星。ファースト・アルバム『しばたさとこ島』(2012年)、シングル「海へ行こうかEP」と「いきすぎた友達」を挟んで2014年にセカンド・アルバム『いじわる全集』を自身のレーベルよりリリースしている。

柴田聡子:http://sbtstk.tumblr.com/

曲目
Side A
1. ねがい(作詞・作曲:テライショウタ)
2. 思い出が消えちゃった(作詞・作曲:柴田聡子)
Side B
1. 長い歌(作詞・作曲:柴田聡子)