2013/03/09

Le Ton Mité Japan Tour 2013


雲おじさんのキュートでおかしなミニ・オペラたのしみですね。ブリュッセルのアンダーグラウンド・シーンを活発化させているのはマクラウドだと思います。ほんとに面白い人だから、ぜひ個人的にも話してみてください。笑っていても、目の奥は笑っていない。/サトミ・マツザキ(ディアフーフ)

スウィート・ドリームス・プレスの4~5月はとっても賑やかになりそうです。既に告知しているようにレイチェル・ダッドとICHIくんが赤ちゃんを抱えてやってきます(ツアー日程はこちら)。そして、ジャド・フェアとテニスコーツ、2年ぶりの合同ツアーが5月に予定されています(こちら)。しかも今回はティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクも加えた三頭ツアーです。そして、そのふたつのツアーをつなぐような恰好で、昨年末に『クモコクド』というとても愛らしいアルバムをスウィート・ドリームス・プレスからリリースしたル・トン・ミテことマクラウド・ズィクミューズアン・ブルーニ夫妻もまたまた日本にやってくることになりました。

もともと日本には仲の良い友人がたくさんいるふたりのこと、今回も各地各地そんな友人たちに協力していただきながら実現するツアーとなります。会場も共演者の顔ぶれも実にマクラウドらしい、とても充実したツアーになりそうです。ぜひ、お近くにいらっしゃったら会場を覗きこんでみてください。そこには変わった松明みたいな音楽がポッと光っているかもしれません。

さて、以下がツアー日程となります。まだ詳細が決まっていない公演もありますので、情報は随時アップデートしていきます。それもまたお楽しみに。乞うご期待!


4月20日(土)東京・八丁堀 七針(070-5082-7581)
東京都中央区新川2-7-1オリエンタルビル地下
出演:マクラウド・ズィクミューズ(ル・トン・ミテ)、Che'-SHIZU(向井千惠+西村卓也+工藤冬里+高橋朝)
開場 7:00pm/開演 7:30pm 料金 2,200円(予約)/2,500円(当日)
予約:会場

逆まわりの音楽 その5
4月21日(日)東京・立川 ギャラリー・セプチマ
東京都立川市柏町3-8-2/多摩都市モノレール砂川七番駅より徒歩2分
出演:ル・トン・ミテ、秋山徹次Amephone's attcスッパマイクロパンチョップ野中太久磨人形劇団銀座擬人座クラモトイッセイ+酒井泰明 from moools)、河野祐子
開場 4:30pm/開演 5:00pm 料金 2,000円
予約:会場、スウィート・ドリームス・プレス安永哲郎事務室

4月22日(月)岐阜 本田(058-264-2980)
岐阜県岐阜市金屋横町5
出演:ル・トン・ミテ、マヘル・シャラル・ハシュ・バズ
開場 6:30pm/開演 7:00pm
料金 2,000円(予約制/定員になり次第締め切りとさせていただきます)
予約:会場(058-264-2980)

4月23日(火)名古屋 パルル(052-262-3629 *当日の案内のみ)
愛知県名古屋市中区新栄2-2-19
出演:ル・トン・ミテ、夕食葉っぱの裏側シスターズ
開場 7:00pm/開演 7:30pm 料金:2,000円(一般)/1,500円(住民)*ドリンク代別
予約:会場(新見)、スウィート・ドリームス・プレス

4月24日(水)金沢 オヨヨ書林・タテマチ店(076-261-8339)
石川県金沢市竪町14-1
出演:ル・トン・ミテ、工藤冬里、工藤礼子
開場 7:00pm/開演 7:30pm 料金:2,000円
予約:会場、主催スウィート・ドリームス・プレス

4月25日(木)京都 喫茶ゆすらご(075-201-9461)
京都市上京区仁和寺街道七本松西入二番町199-1
出演:ル・トン・ミテ、川手直人CRAZY POKYU
開場 7:00pm/開場 7:30pm 料金:2,000円 *ドリンク代別
予約:会場スウィート・ドリームス・プレス

4月26日(金)鳥取 ボルゾイ・レコード(0857-25-3785)
鳥取県鳥取市新町201上田ビル2F
出演:ル・トン・ミテ、川手直人tanaka sings empty orchestraロンサム・パイロット
開場 7:00pm/開場 7:30pm 料金:2,000円
予約:会場、スウィート・ドリームス・プレス

コンサートクモコクド
4月27日(土)松江 清光院下ギャラリー
島根県松江市外中原町清光院下198-1
出演:ル・トン・ミテ、ダルガリーズ、村上ゴンゾ、川手直人
開場 4:00pm/開演 5:30pm 料金:1,500円(予約)/2,000円(当日)
予約・問い合わせ:北殿町CARRÉ(0852-23-5767/carre.matsue@gmail.com)
Facebookのイベント・ページはこちら

マルティチュードにおけるコモンのオレンジ
5月1日(水)広島 ふらんす座(082-295-1553)
広島県広島市中区十日市町1-4-3
出演:ル・トン・ミテ、祝島ヘル
時間・料金未定
予約・問い合わせ:会場
Facebookのイベント・ページはこちら

5月2日(木)松山・三津 アジとサバ
*アジとサバ周辺で行われているレジデンシーの作品を見ながら回るアート・ツアー
出演:ル・トン・ミテ、マツヤマヘル
時間:田中戸に2:00pm集合
Facebookのイベント・ページはこちら

5月3日(金)松山・道後 ワニとサイ(080-3319-2765)
愛媛県松山市道後湯之町1-39
出演:ル・トン・ミテ、マツヤマヘル
開場/開演 7:00pm
Facebookのイベント・ページはこちら

5月4日(土)神戸 のらまる食堂(090-1240-0442)
兵庫県神戸市中央区元町通5-8-12
出演:ル・トン・ミテ、マヘル・シャラル・ハシュ・バズ、Les nico(中西ゆこ+藪野大輔)、若尾久美、光永惟行、宮西淳、倉本高弘
開場/開演 4:00pm 料金:カンパ *ドリンク代別
終演後に鍋会あり(参加者は鍋代として1,000円を申し受けます)。
Facebookのイベント・ページはこちら

FIELD UPSETTERS
5月5日(日)大阪 FLOAT(090-9860-2784)
大阪市西区安治川2-1-28 安治川倉庫
出演:ル・トン・ミテ+ダルガリーズbonnounomukuroYPY(bonanzas、goat)、Song Sloth Giantize、buffalomckee
フード:たかさきっちん
開場 4:00pm/開演 4:30pm
料金:1,500円(小学生以下のお子様は同伴者がいる場合無料)

家宴 vol.12 フェス!!
5月6日(月)奈良 sonihouse(0742-87-0670)
奈良県奈良市学園朝日元町1-499-3
出演:ル・トン・ミテ、テニスコーツ梅田哲也米子匡司 *音の部(3:30pm〜)
フード:山フーズ *食の部(6:30pm〜)
開場 2:30pm/開演 3:30pm
料金:6,500円(フリー・ドリンク)*定員:25名
予約:「info@sonihouse.net」(参加希望日、お名前、人数、ご連絡先をお知らせください)

HOTEL MOTEL TIME -avec Hôtel Rustique-
5月8日(水)京都 ユーゲ(075-723-4707)
京都府京都市左京区下鴨松原町4-5
出演:ホテル・ラステック(マクラウド・ズィクミューズとアン・ブルーニ)、ミッチー(ダルガリーズ)と山路知恵子
特別展示:アン・ブルーニ
開場 7:00pm/開演 8:00pm 料金:888円
*タイトルにある「ホテル・ラスティック」とはマクラウド・ズィクミューズ&アン・ブルーニ夫妻がブリュッセルで営んでいるゲストハウス兼活版印刷工房のことです。

5月10日(金)仙台 book cafe 火星の庭(022-716-5335)
宮城県仙台市青葉区本町1-14-30-1F
出演:ル・トン・ミテ、le quatre du yumbo、人形劇団ポンコレラ
開場 7:00pm/開場 7:30pm
料金:1,800円 *ドリンク代別/定員30名
予約・問い合わせ:yumbo.shibuya@gmail.com(澁谷)

ジャド・フェア&ノーマン・ブレイクとテニスコーツのジャパン・ツアー2013
5月11日(土)東京・渋谷 オ・ネスト(03-3462-4420)
東京都渋谷区円山町2-3-6F
出演:ル・トン・ミテ、ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク(ティーンエイジ・ファンクラブ)、テニスコーツ
開場 7:00pm/開演 7:30pm 料金 3,800円(前売)/4,300円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場、チケットぴあ(Pコード:195-926)ローソン・チケット(Lコード:73154)e+スウィート・ドリームス・プレス


逆まわりの音楽 その5


トゥトォーラやHarpy、シグビョルン・パーランさんにpagtasとOPQ、DJに矢代諭史くんをお迎えした先月の逆まわりの音楽その4も異様な多幸感でしたが、来月も驚きの面々の出演が決まりました。

まずはスウィート・ドリームス・プレスよりリリースしたアルバム『クモコクド』が好評のル・トン・ミテに、先頃柳家小春さんとの端唄+レゲという試みで聴衆の口をあんぐりさせた(らしい)Amephone's attcが今度は秋山徹次さんとブギー+レゲ(?)の新機軸を披露。そして、セプチマでもおなじみのスッパマイクロパンチョップ野中太久磨さんがピアノ+歌のパラレル・ワールドに穴をうがち、さらにモールスの酒井くんがクラモトイッセイ氏とはじめた人形劇団銀座擬人座がその穴から落下するという趣向になっております。さらにさらに、急遽オーストラリア、メルボルンより帰国中のアワ・パル(フット・フット!)、河野祐子さんの出演も決定しました! 

こうなると当日どうなることやら分かりませんが、この広い世界にはどうしても分からないことがあることを見にぜひ来てください。きっと相当面白いことになると思います。

そういえばセプチマではこの前日ジョセフィン・フォスター&ヴィクトール・エレーロのライブが開催される予定です。この土日の2日間丸ごとギャラリー・セプチマを満喫するっていうのもいいかもしれませんヨ。


逆まわりの音楽 その5
4月21日(日)
東京・立川 ギャラリー・セプチマ
東京都立川市柏町3-8-2/多摩都市モノレール砂川七番駅より徒歩2分
出演:ル・トン・ミテ、秋山徹次+Amephone's attc、スッパマイクロパンチョップ+野中太久磨、人形劇団銀座擬人座(クラモトイッセイ+酒井泰明 from moools)、河野祐子
開場 4:30pm/開演 5:00pm
料金 2,000円

2013/03/02

Rachael Dadd with ICHI - In Our Hands We've Got Light



アーティスト:レイチェル・ダッド with ICHI
タイトル:イン・アワ・ハンズ(In Our Hands We've Got Light)
カタログ番号:SD10-001/SDCD-015
発売日:2013年 5月10日
収録曲数:5曲
フォーマット:10インチ・アナログ盤+同内容のCD封入
パッケージ:二つ折りジャケット(10")+歌詞カード

定価:1,800円+税

SOLD OUT

その腕の中に新しい家族を抱くレイチェル・ダッドからの来日記念盤
特製10インチ・アナログ盤、同内容のCDも付属!

 「タノシー!」、「マタネー!」、「ドーモアリガトーゴザイマース!」…。これまでに何度も来日し、文字通り日本のあちこちでライブ演奏やテキスタイルのワークショップを続けてきたUKブリストル発の女性シンガー・ソングライター、レイチェル・ダッド。彼女のキャラクターを知っている人なら、だれでも上に挙げたようなその日本語の愛らしい言い回しを心のどこかに残していることでしょう。
 もちろんそれもこれも、彼女のあの歌い口、曲の力、そして音楽への真摯な姿勢があってこそ。2011年にリリースした4枚目のアルバム『バイト・ザ・マウンテン』がロング・セラーを続ける中、気になる次のアルバムの予感に満ちたミニ・アルバムが完成しました。しかも、これは4月末からはじまるパートナーのICHIとの日本ツアー記念盤ともなります。
 タイトルからも伝わるように、ここにある5曲に翼を授けたもの、それはふたりの間に昨年生まれた愛息シューキ・ジムちゃんの存在です。本作からも天使のような彼の声が聞こえてくるはず。ほらね。イン・アワ・ハンズ…、ふたりの手の中にともった「光」というのは、そんな可愛い赤ちゃんのことでもあるんです。
 タイトルどおり、スティール・パンや木琴などでICHIも完全協力、ほかにもUKベラ・ユニオンの歌姫アレッシーズ・アークや、Flauからのデビューが決まっているエマ・ガトリル、さらにレイチェルが信頼する稲田誠も参加。彼女のトレードマークでもあるウクレレの歌曲はどこかアフリカ風のリズムを誘い、いつものようにクラリネットやカリンバ等複数の楽器を取っかえ引っかえ、あらためてレイチェル・ダッドの歌世界はこんなにもスケールアップしました。
 歌詞からも、成長すること、考えること、つなぐこと、愛することを恐れず…、さらに社会に対するコメントも交え、ひと回り大きく、ひときわ強くなった、しかし変わらず自然体のレイチェル・ダッドがここにいます。『イン・アワ・ハンズ』とは、そんな、レイチェルを中心とする拡大家族による、真っ直ぐな家族の物語を収録したアルバムなのです。

Tracks

Side A
1. Wake It
2. Mango Stone Part 1
3. Song of George's Kite

Side B
1. Mango Stone Part 2
5. Baby Dragon

フジワラサトシ - い、のる


アーティスト:フジワラサトシ
タイトル:い、のる
カタログ番号:SDCD-014
発売日:2013年4月25日
収録曲数:8曲
パッケージ:E式紙ジャケット(変形ダブル)
ライナーノーツ:田口史人(円盤)、雪舟えま
アートワーク:nico

定価:1,800円+税
ご購入はこちらから
mmmoono yuuki麓健一王舟をギタリストとして支える
シンガー・ソングライター、フジワラサトシのファースト・アルバム


 ちょっと低い声で、しかし朗々と歌い上げる、というのも違う。押しつけることなく、むしろ内側を満たしていくような歌声、そしてその内側のぬくもりをゆっくりと確かめていくような室内楽アンサンブル。mmm、oono yuuki、麓健一、王舟ら、いわばサウンド・オブ・ヤング・トーキョーな面々をギタリストとして支えてきたシンガー・ソングライター、フジワラサトシ、彼のリーダー作品としては鳥獣虫魚からの7曲入りCD-R『夜に生まれる』(2010年)がありましたが、さて、ここにようやくプロパーなファースト・アルバムが完成しました。

 録音メンバーは2010年からの編成となる宮本善太郎(ds)、shibacoji(cello)、kyooo(violin)、イノウエユキコ(p)の4人、そこにコーラスでmmmと雪舟えまも参加し、さらにその場の空気・響きをうまくとらえた録音・ミックスはおなじみ稲田誠――BRAZIL、PAAP他、録音作品にはゑでぃまぁこん『綿の煙の招待状』、Gofish『とてもいいこと』、TEASI『壁新聞』、シラオカ『部屋』等がある――を起用、と、これ以上ない布陣での1枚です。
 しかし、そこは寡黙なフジワラサトシのこと。派手な話題や聴き触りの代わりに、ゆっくりと雪を溶かして芽を吹かせるような、そんなスローモーションの魔法をそっと披露してくれるのです。地表を割って頭を出した彼の哲学のようなもの、その地中に広がる思考の重なりと重み…、その両方に思いを寄せることが『い、のる』の聴き方なのかもしれません。

 同時代の洋邦インディー・ロックとの比較対象ではなく、むしろポール・ブキャナン(ブルー・ナイル)やリアム・ヘイズ(プラッシュ)といった息の長いシンガー・ソングライターの系譜に浮かばせてみたい存在感。さて、スウィート・ドリームス・プレスにまたひとり新しい家族が加わりました。きっと彼の名前は今後もっともっと羽ばたいていくでしょう。夜の鳥のように暗闇を斜めに真っ直ぐ切って……。それがフジワラサトシの音楽です。

Tracks
1. 祈り
2. 夜の鳥
3. night lights
4. 波
5. 無題
6. 夏の虫
7. この今
8. モーニングのテーマ



Jad Fair, Norman Blake and Tenniscoats Japan Tour 2013



何年か前ジャド•フェアのライブを観ているときに、目の前にじんわりと大きな顔が現れて、しばらくして消えていった。幽霊とかそいうのはあまり信じないけど、その体験とジャド•フェアの音楽がマッチしていてよかった。 /出戸学(OGRE YOU ASSHOLE)


今でもうずくような記憶を多くの聴衆に刻んでいる2011年のジャド・フェアとテニスコーツの双頭ツアー、そのときの両者の交わりは『エンジョイ・ユア・ライフ』という1枚のアルバムを実らせましたが、さて、お待たせしました。その続編ともいうべきジャパン・ツアーが決定しました。

しかも、今回はさらにティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクも加わって三大陸の思いがけない邂逅? とにかくとんでもないことになることは間違いありません。それぞれのソロあり、ジャド・フェアとノーマン・ブレイクによるダニエル・ジョンストンのカバーあり、さらに、ふたりがテニスコーツのライブに加わるなんてことも? 日々その組み合わせがどうシャッフルされるのか、毎夜毎晩まったく違う、それなのにまったくいつもの素晴らしいジャド・フェアとノーマン・ブレイク、そしてテニスコーツのジャパン・ツアー2013、満面の笑みでスタートいたします!

※ただし、5月10日(金)の公演にはテニスコーツは出演いたしません。あらかじめご了承ください。

ジャド・フェアとノーマン・ブレイク

そして、我らがテニスコーツの新着写真!?
(Photo by Rino Ogawa)


ジャド・フェアとテニスコーツのドキュメンタリーの『エンジョイ・ユア・ライフ』から(撮影:波田野州平

5月10日(金)東京・渋谷 オ・ネスト(03-3462-4420)
東京都渋谷区円山町2-3-6F
出演:ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク、ケン・ストリングフェロー(ザ・ポウジーズ)、ザ・ホット・ショッツ
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,800円(前売)/4,300円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場、チケットぴあ(Pコード:195-926)、ローソン・チケット(Lコード:73154)、e+

5月11日(土)東京・渋谷 オ・ネスト(03-3462-4420)
東京都渋谷区円山町2-3-6F
出演:ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク、テニスコーツ、ル・トン・ミテ
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,800円(前売)/4,300円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場、チケットぴあ(Pコード:195-926)、ローソン・チケット(Lコード:73154)、e+

5月15日(水)松本 MOLE HALL(0263-88-5535)
長野県松本市深志1-2-15 CENTURY MAXIMビルB1
出演:ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク、テニスコーツ、slum
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,000円(前売)/3,500円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場(0263-88-5535)

5月16日(木)名古屋 得三(052-733-3709)
愛知県名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F
出演:ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク、テニスコーツ、ケン・ストリングフェロー(ザ・ポウジーズ)
開場 6:00pm/開演 7:00pm
料金 3,500円(前売)/4,000円(当日)
チケット:会場、チケットぴあ(Pコード:195-997)

5月17日(金)京都 アバンギルド(075-212-1125)
京都府京都市中京区木屋町三条下ル ニュー京都ビル3F
出演:ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク、テニスコーツ、レイチェル・ダッドICHI
開場 6:30pm/開演 7:00pm
料金 3,500円(予約)/4,000円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場

5月18日(土)神戸 旧グッゲンハイム邸(078-220-3924)
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
出演:ジャド・フェア&ノーマン・ブレイク、テニスコーツ
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,000円(予約/当日)
予約:旧グッゲンハイム邸事務局

*各公演の前売りチケット予約は希望公演前日まで「info.sweetdreams@gmail.com」でも受け付けております。お名前・電話番号・希望公演日・希望枚数をメールにてお知らせください。当日、会場受付にて予約(前売り)料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

共催/協力:TARGET EARTH RECORDS(東京/名古屋)、藤沢千史(松本)、塩屋音楽会(神戸)
招聘協力:THISTIME inc

2013/03/01

二〇一三年のはるでら



 昨年も好評だった町田、簗田寺の音楽イベント「はるでら」を今年も催します。ゆっくりじっくりのんびりと、町田の駅から20分バスに揺られて到着すると小高い山に囲まれた美しい簗田寺の境内があります。出演者は粒ぞろいの総勢7組、なかなか頻繁にライブを見ることができないバンドもいます。知ってるバンドも知らないバンドも、皆一度きりそれぞれの音楽を境内や本堂で演奏してくれます。

 長時間に及ぶイベントなので料理と飲み物も用意しました。フードには最近刊行された『なぎ食堂のベジタブル・レシピ』(小田晶房著/ぴあ)が大きな話題を呼んでいるなぎ食堂と、近寄る者みな赤面にして楽園行きにする恐ろしい出張居酒屋、給湯室がやってきてくれます。もちろん普通のソフト・ドリンクも用意しておりますのでご心配なく。こちらも一緒に楽しんでいただければ幸いです。

 夕方前から集まって境内をぶらぶらしたり、本堂の畳に座って聴くもよし、外から漏れ聞こえる音を聴いてもよし。皆それぞれ一度きりの音楽をご堪能ください。さらにいつも協力いただいている「saitocno」さんの雑誌『BALLAD』もこの頃には新しい第3号がお目見えしているはず(きっと会場でも買えるようになっていると思います)。というわけで、皆それぞれ一度きりの春の日に首を長~くしてお待ちしております。

はるでら
5月6日(月・祝)東京・町田 簗田寺(りょうでんじ)
東京都町田市忠生2-5-33
出演:Gofishトリオ(feat. ASUNA)、レイチェル・ダッドICHINoahlewis' Mahlon Taits井上智恵カルテット三富栄治フジワラサトシ
飲食:なぎ食堂、給湯室
開場 3:00pm/開演 3:30pm 料金 2,500円(予約)/3,000円(当日)
音響:Flysound
予約:スウィート・ドリームス・プレス(お名前・ご連絡先と枚数をお知らせください)
協力:簗田寺、saitocno