2008/12/26

Look inside of Sweet Dreams #3...2



その後も『スウィート・ドリームス』第3号、続々と楽しい原稿があれこれ集まってきていますので、それをここでご紹介。まず、ジョン・ドワイヤ(ジー・オー・シーズ)とダニエル・ディマジオ(ホーム・ブリッツ)ご両人のメール・インタビュー、無事、捕獲しました。異常にミススペルが多くて、さらに好きになっちゃったジョン・ドワイヤ(読み返したりしそうにないもんなあ……)。一方、かなりのレコード・ギークだということが分かったダニエル・ディマジオ(「パンク界のダニエル・ジョンストン」という呼称は撤回します)。両極端と言えば両極端。でも、どちらも面白い発言をいただけてますよっ。

そして「なんか寄稿してみない?」と先日の来日以来ラヴ・コールを送っていたティム・キンセラ(ジョーン・オブ・アークメイク・ビリーヴ)からも、ついに返事が到着。特別に、秘蔵の「映画化の見込みのない映画の脚本(!)」をスウィート・ドリームス用にアレンジして送ってくれる、とか! まじ? やった! もちろん、まだどうなるかは分かりませんが、たぶん、このホリデイを利用して手を入れてくれているはず。こちらも震えて待て、ということで。

また、毎度おなじみ、セス・ハイの最新アート・レポートは、物故したウィキピープル(ウィキペディア上の有名人たちのこと、とか)をテーマに創作するアメリカ人コンテンポラリー・アーティスト、ダニエル・ベラニーのご紹介。自分と同じ年齢で死んだ人をウィキペディアから抜き出して、その人の生涯を踏まえ、解説付で自画像をコラージュ、それを年齢別に本にまとめているのだとか。いやはや、面白い人がまだまだいるもんだねー。それから『勇猛果敢なアイダのものがたり』でも寄稿いただいた中西良之くんからは、舞踏家、中嶋夏と過ごしたメキシコでの2008年夏のレポートが届きました。舞踏についてはまったくの門外漢な僕ですが、これをきっかけにいろいろ知っていきたいな、と。そういえば、アントニー&ザ・ジョンソンズの新作EP/アルバムのカバー写真に写る大野一雄の姿が評判になっているらしく。というわけで、当のアントニーにも舞踏についてのコメントをいただけないか、早速、お願いしております。

最後に、無事、ニュー・ブラッズのメンバーとも連絡が取れました。現在、メールで送った質問の返答待ちの状態ですが、こちらはチーム・キャシー全面協力の特濃ページになる予定ですので、どうぞお楽しみに。もちろん、彼女たちの音楽だけじゃなく、ボーカル&バイオリンのオサ・アトーが作ってるジン『Shotgun Seamstress』のことやライオット・ガールとの繋がり、ブラック・パンクとしての側面にもスポットが当てられる、はず。また、一方の特集であるサブライム・フリーケンシーズのページも徐々に進行中。こちらも概要を近いうちにご紹介できる、かな? できるといいんだけど。

他にもモールス酒井泰明くんの連載ページがスタートしたり、吉本栄さん、村尾泰郎さん、バニーさん(チーム・キャシー)による新旧取り混ぜたレビュー・ページを新設(今後拡張予定)したり、俵谷哲典くん(2UP)はヨーロッパ・ツアーを前にコミックを2本がんばって描いてくれていたり、と、寄稿者の皆様あってこそのスウィート・ドリームスであることは変わらず。今回、台割を作らずに進めているので、最終的に200ページくらいになっちゃいそうな勢いで、印刷代が……という不安もありますが、どうぞよろしくお願いしますー!

最近、とってもとってもよかったもの

ゑでぃまぁこん&トンジャイ 『キラキラシズム』CD-R
庭園美術館でやってる「1930年代・東京」展で見た師岡宏次の写真と小泉癸巳男の木版画

2008/12/25

The High Llamas Japan Tour 2008


いままで、いろいろなミュージシャンに取材をしてきましたが、そのなかでもいちばん多くインタビューさせてもらったり、電話インタビュー用に質問をつくったり、編集者として取材に立ち会ってきたのは、じつは、ハイ・ラマズのショーン・オヘイガンだったりします。『アフター・アワーズ』の創刊号でダメモトで現地入り。なんとかかんとか、いろんな人のお世話になって(迷惑、ともいう)、ショーン・オヘイガン氏のご自宅を訪問できたときの経験は、自分にとっても大きな転機だった、ような。昨年の『カン・クラッダーズ』も、すごく良いアルバムだったし、うん、やっぱり大好きだわ!、とあらためて。

と、いうわけで、そのハイ・ラマズが、実に10年ぶりに来日をします! しかも6人編成での磐石の布陣(ソロ作品も評価が高いピート・エイヴスも同行するそう)。さらに招聘は、いつもの町田・簗田寺公演でもお世話になりっぱなし、また『勇猛果敢なアイダのものがたり』でも企画・執筆で協力してもらった「saitocno」チームだったりするのです。もちろん、スウィート・ドリームスも、できる限りのサポートをしていく予定ですので、ぜひ皆様、下記公演情報にお目通しを。チケット予約も、各会場と「saitocno」で受付中。メールの場合は、お名前・ご連絡先・公演日・枚数を添えて、こちらまでお送りください、とのことですので、どうぞ皆様、よろしくお願いします!

2月16日(月)
京都 アバンギルド(075-212-1125)
ハイ・ラマズ、トウヤマタケオカルテット
開場6:30pm/開演7:30pm 前売り4,000円/当日4,500円

2月17日(火)
名古屋 得三(052-733-3709)
ハイ・ラマズ、ショピン
開場6:30pm/開演7:30pm 前売り4,000円/当日4,500円

●Sean O'Hagan special SOLO set
2月19日(木)
東京 渋谷オ・ネスト(03-3462-4420)
ショーン・オヘイガン、伊藤ゴロー(MOOSE HILL)、サタデー・イヴニング・ポスト
開場6:00pm/開演7:00pm 前売り3,500円/当日4,000円

2月20日(金)
東京 渋谷オ・ウエスト(03-5784-7088)
ハイ・ラマズ、トクマルシューゴ他
開場6:00pm/開演7:00pm 前売り4,000円/当日4,500円

●The High Llamas Farewell Party
2月21日(土)
東京 町田簗田寺(042-791-0602)
ハイ・ラマズ、kazumasa hashimoto、advantage lucy
開場6:00pm/開演6:30pm 前売り4,000円/当日4,500円

2008/12/08

Look inside of Sweet Dreams #3...1



ではここで、来年2月を予定している『スウィート・ドリームス』第3号の制作状況のお知らせを。

まず、いまのところ届いている原稿が3本。まずは、前回、大統領予備選でドタバタ奔走する様子を伝えてくれたジョアンナ・ニューサムのイース(Y's)ストリート・バンドのドラマー、ニール・モーガンが、11月4日の大統領選挙日の喜びの模様をまたまた書いてくれています。そして、こちらも前号でご登場いただいたマクラウド・ズィクミューズさんですが、今度は北欧の電気も通っていない辺鄙な田舎町で開催しているウトマルクスムシーケン・フェスティバルをレポート。主催者は、昨年、日本にも奇跡の来日を果たした「北欧のアモン・デュール」なる異名を持つスーパー・サイケデリック・バンド、トラッド・グラス・オッキ・ステナールのボー・アンダーシュ・パーション氏とのことで、彼へのショート・インタビューも交えた原稿が出番待ちでございます。が、スウェーデン語のカタカナ化に大いに頭を悩ませ中。どなたか、いくつかの名詞の発音だけでも簡単に教えてもらえる人、いないでしょうか? もし「やってもいいよー」という方、ぜひお知らせください。お願いします! と、最後にテニスコーツ植野さんの連載小説『ボサノヴァ』も、随分早々にアップ済み(前回掲載分と同時にいただいてたのです)。こちら、どんどん不思議な迷宮に分け入ってすごいことに! 必読です。

最後に、その他掲載バンド/アーティストとしては、このブログでも紹介済みのエコセントリック・フォーク・バンド、バウアーバーズ、そして「パンク界のダニエル・ジョンストン」なんて言われちゃってるローファイ・パンカー、ニュージャージー在住のダニエル・ディマジオくん=ホーム・ブリッツ(↑の画像)にメールでインタビュー中です。さて、どんな答えが返ってくるか、どうぞ楽しみにお待ちください。他にもニュー・ブラッズの面々やジー・オーシーズのジョン・ドワイヤーなどなどに取材を申し込み済み。完成まで、毎週更新予定の右ジュークボックスも併せてどうぞよろしく。本日、第2回目の10曲をアップしました!

2008/12/05

High Places: One Night Show in Shibuya



スリル・ジョッキーからの同名アルバムも大評判。カラフルなリズム・メイキングがうららかなブルックリンのデュオ、ハイ・プレイシズが東京で一晩限りのライヴを開催するようです。詳しくは以下の通り。カトマン&小林英樹、DJのところに、このおふたりの名前があるだけで、なんか嬉しくなっちゃうなぁ。というわけで、時間も入場料もリーズナブルな設定となっていますので、ぜひ。
contrarede presents
HIGH PLACES  LIVE IN SHIBUYA

12/6 (SAT) @ SHIBUYA O-NEST 
OPEN 22:30 START 23:00(オールナイト公演ではありません)
1,000円+1DRINK
DJ:KATOMAN (DOTLINECIRCLE, I'M TOKYO, YOU'RE OSAKA), HIDEKI KOBAYASHI (contrarede)

2008/12/03

It's time to ElfYourself again !!


Send your own ElfYourself eCards

さて、一昨年だったか、ジャド・フェアがこの時期に送ってきてくれたのが、この「エルフ・ユアセルフ」のe-カード。雪の中、ノリノリで踊るエルフ(妖精)の顔の部分に、コンピュータ上にある自分の顔や友達の顔の画像をハメこんで知り合いに送ることができるっていうサービスがそれだったのですが、そこには、愛らしく踊るジャドさんと奥さんの姿があって、「へぇ。こんなサイトがあるんだな」と思ったものでした。それが昨年には4人バージョンになり、ついに今年は5人まで好きな顔をハメ込めるようになってます。しかも、映像も曲に合わせて「ディスコ」「カントリー」「チャールストン」が追加。計4つのバージョンを作成できるようになってます。このサイトのスポンサーである、全米第3位のオフィス・サプライ会社であるオフィス・マックスは、ニキ・マックルーアが仕事を辞退したことでも有名(?)ですが(『スウィート・ドリームス』第2号参照)、まあ、意外にこんな気の利いたサービスもあるんだよ、ってわけでして。試しに、リック・スプリングフィールド、ビリー・アイドル、ポール・マッカートニー、テッド・ニュージェント、ロッド・スチュアートの顔をはめたものを作ってみましたが、うーん、やっぱり友達の顔を貼る方が断然面白いわい。まあ、受けること確実ですので、どうぞお試しください。なお、こちらのサイトでは、このクリスマス・カードだけじゃなく、今年の大統領選にあわせたものや、お誕生日カードなどなど、各種さまざまな面白e-カードを取扱ってます。見てまわるだけでも面白いよ。

2008/12/01

師走突入!

気がつけば、あっちゅう間に12月。ガクーン。参った。できれば年内に『スウィート・ドリームス』第3号をお届けしたかったのですが、あれやこれやで10~11月がビュンビュン過ぎ、現在の進行状況だと来年2月あたり?、と、なりそうです。ともあれ、正月休み返上でがんばりますので(ムフー)、今しばらくお待ちください。これから時々、作業の進行状況もこちらでご報告しますね。と、また、編集作業中に聴いてるあの曲この曲を10曲ずつ、右のプレイヤーにてアップデートしていきます。何かのあてとしてどうぞ。