2007/11/27

Ippei Matsui Artwork, McSweeney's...


Train Runs Through Bangkok Market

前回、本ページで発売日変更をご案内した『Sweet Dreams』第1号ですが、その後も順調に責了(とりあえず編集側がやることはすべて終えた状態のことですな)。今週末には、オマケのポストカード2種(イラスト:ニキ・マックルーアとトム・グリーンウッド)の画像もこちらでご報告できると思うので、どうぞお楽しみに。で「結局『Sweet Dreams』ってどんな本なのよ?」と、訝しがる方もいらっしゃると思い、初校紙を何度も読み直しては考えてみるのですが、いまだにまったく分かりません!(笑)が、あり方としては↑のような映像を理想としています(で見つけて嬉しくなった1本より)。
さて、その『Sweet Dreams』第1号でも特盛16ページ(うち6ページは小田島等氏によるコミック!)を割いている名古屋のTEASIですが、唄とギターを担当している松井一平くんのアートワークが現在、タワー・レコード渋谷店:7階ブックス・フロアで展示中とのこと。架空のアーティスト(もしくはバンド)の架空の7インチ・ジャケット・コレクションといったようなテーマの下(ミンガリン・マイクやキング・ジョー氏の最高の1冊『Singles Going Steady』なんかを連想しても外れてない、はず。多分)、錚々たる面々がアートワークを提供しているようです。当分展示されているようなので、お近くにお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてください。ぼくも週末覗いてみようと思ってます。以下に概要をペロリ。
黒緑LESS PRESENTS 『PROOF OVER』
11月17日(土)~ @タワーレコード渋谷:7階
IMAZATO、SOTS、MOSU、TENT、MASAKI、MANB、ABE、IPPEI MATSUI、KEISUKE、KLEPTOMANIAC、WANNA、TSUTSUI、KEN(BHS)、SOJIRO、TADANOBUS、SEMINISHUKEI、QP、DISKAH、YO、jo-g 他

「ご挨拶 ぼんやり、食い入るように、なんとなく、レコードのジャケを見ながら想像を膨らませたり膨らませなかったり。自分だったらこんなジャケをなんて…そのふとした気持ちを、いつも心の片隅にあった思いというにはそうでもないな…という気持ちを実際に形にしてみました。でもジャケを見てドキドキしたり興奮したりする気持ちを知っている人達が、『創造する』という興奮もプラスして作り出した作品には、楽しい事は日常に様々な形で存在するのだなと思わせてくれるものがあります。お楽しみください♪」
では最後に、今日届いた『McSweeney's』の第24号の装丁が相変わらずスゴかったので、その画像を。蛇腹状のハードカバー表紙、布張り・エンボス・金文字、さらに中にはひと回り版形の小さな40ページくらいの冊子も貼ってあるし……、毎度、細部にまでアイディアをひねる労を惜しまない姿勢には素直に脱帽。ふーむ、よし……。