2007/10/05

BEST MUSIC Press Appearance...

BEST MUSICのファースト・アルバム『MUSIC FOR SUPERMARKET』について、雑誌などでチラホラと取り上げられてきましたので、ここでまとめてご紹介。紙媒体についてはをクリックするとPDFファイルにて各誌のレビューがご覧になれます。他にも、現在店頭に並んでいる『CDジャーナル』のレビュー欄でも村尾泰郎さんの嬉しい原稿と紹介されていますので、ひとつ読んでみてくださいませ。他にも先々週の『Weeklyぴあ』などにも掲載されています。そして、インターネット上でも、以下のサイトやブログにてBEST MUSICのことに触れられています。こうやって眺めてみると、BEST MUSICのこの作品って、これをどう扱うかで、扱う人自体の志向・思考・性癖が露わになるという、そういう怖さもあるな、と。何かを評するのって元々そういうものだけれど、一見「評する」のにそぐわなそうな風体の作品だけに、さらによく伝わってくる。しかも、ことさら「匿名性」をテーマにした作品に対してそうなっている、というのも面白く感じました。結果、感覚で十分伝わった人、真面目に対面していただいた人のそれがやっぱり読み応えがあって、こちらも大きな刺激を受けました。どうもありがとうございます! 今後は『BARFOUT!』に巻頭インタビュー記事が(!)、『EYESCREAM』にレビュー記事が掲載される予定ですので、どうぞ皆様お楽しみに!